世界最大級のインターネット囲碁サロン『パンダネット』

詰碁問題を覚えるまで何度も解く

囲碁が強くなるためにはどうしたらいいかと質問されたら、多くのプロ棋士は詰碁を解くことが大事といいます。

詰碁を解く事は、形の急所や手筋の勉強になりますし、読む力をつけます。

布石が弱く、定石をあまり知らなくても詰碁を解く力がある人は、石の競り合いに強く、中盤から終盤に力を発揮します。

また囲碁の対局では生きている石なのか生きていない石なのか判断する場面が出てくると思いますが、生きている石に必要ない一手手をいれて良いところを相手に先着されたり、逆に生きていない死ぬ可能性がある石に手を入れず他のところに打って大石が死んだりして負けてしまうことがあるので、生き死にを見分ける力をつける意味でも詰碁を勉強することが大事です。

詰碁でも実践によく出てくる形の詰碁と創作詰碁のように実践にはあまりでない形の詰碁がありますが、 詰碁を解いて楽しむのは創作詰碁でもよいですが、勝率をあげようと思うと実践によくでてくる形の詰碁をたくさんとくべきです。

また実践によく出てくる基本的な詰碁は覚えておいたほうが 対局中にいちいち考える必要がなくなります。

プロは実践によく出てくる詰碁は覚えているといいますし、 実戦にでてくる形の詰碁を学習する場合は何度も繰り返し解いて覚えてしまいましょう。

詰碁を解く力は、棋力に比例すると思いますので棋力をあげたければ詰碁を解く勉強を多くすることです。

世界最大級のインターネット囲碁サロン『パンダネット』

ページの先頭へ