世界最大級のインターネット囲碁サロン『パンダネット』

詰碁 初心者

強くなるための勉強法で一番によくあげられるのが詰碁を解くことです。

初心者が詰碁を勉強するメリットは以下の3つです。

・生き死にの基本がわかる

石の一団が生きているのか死んでいるのか判断できることが囲碁では大事です。 死活(しかつ)が判断できないと、終局になって困ることがあります。 死んでいる石は終局するとそのまま取られますが、生きている石は取られませんので、 生きているのか死んでいるのかで、地の数が思っていたのと全然違ってきます。 打っているとき死活がわからず、生きている石に一手手を入れてしまうと、一手パスをしたと同じことになりますし、 生きていない石に手を入れないと取られてしまいます。 死活がわかってくればミスすることも減るので、詰碁をたくさん解いて判断できるようになることが大事です。。

・読む力をつけることができる

囲碁も将棋と同じで、読む力がないと強くなれません。詰碁をたくさん解くことで 読む力をつけていくことになります。

・形の急所、筋を学べる

眼を作る際は眼形の急所に打つことが死活では大事ですけど、詰碁を解くことで眼形の急所を見つけやすくなります。 また手筋の勉強にもなり一石二鳥です。 繰り返しトレーニングしていくと、形を見ただけで急所に目が行くようになり感性も磨かれてきます。

世界最大級のインターネット囲碁サロン『パンダネット』

ページの先頭へ